ボディビル辞めた奴の行く末

体づくり

僕は数年前までジムに通ってトレーニングする習慣を持ってました。大学まで部活動を続けていたのもあり、「鍛える」という行為が日常から離せないでいました。

こんにちは、マルチタスク専門家のくらゆーです。

もう過去のことになってしまうのですが、

僕はボディビルのコンテストに連続出場するくらい筋トレに熱中し、勉強と研究と実践の試行錯誤を繰り返していました。

シンプルに「めっちゃハマって」いました。

そのせいもあり、多少はトレーニングに対する知見はあります。

ただし、トレーニング理論や生理学、栄養学というものは常に研究が進みアップデートされ続けていますので、僕自身が学生の頃と比べ当然のことながら変わってきました。

一つ例に挙げるなら、僕が中学~大学の時は、運動後30分以内にたんぱく質と炭水化物を摂取しましょうというのが主流でした。

“ゴールデンタイム”という言葉が流行りでしたね。また、炭水化物の同時接種で体内でのたんぱく質同化が促進され、筋肥大を助長させるというものです。

でも、運動後では遅いんですね。社会人になって来た頃にもう常識は変わりはじめてました。

運動後も飲むには飲むのですが、今(当時)、意識的に飲む行為として主流になってきているのは運動前の摂取と運動中の摂取です。

しかもプロテインではなくて、アミノ酸です。

特にEAAなどの体内で合成されない必須アミノ酸を補給することがよいとされています。

EAAは独特の苦さと臭さがあるのですが、あまり僕は味を気にしないので、単価は高いけど吸収のことを考えて当時はよく飲むようになりました。

ちなみに僕が3年ほど愛用していたのがバルクスポーツというメーカーのものです。

当時はあまりEAAのみの販売が少なかったので、ここが最安値でしたが、今はいろんなメーカーが出てきておりますので最安値ではないかもしれません。

ただ、僕は自分で配合を考えて買い合わせてドリンクを作っていたのもあり、ブドウ糖など入って無いものがほしくてここのメーカーのを選んでました。

バルクスポーツが、僕のように自分で配合を決めたい人向けにアミノ酸もそれぞれのパウダーで販売していたりと、コンセプトが僕の考え方とフィットしていたのでかなり好んでここの商品を買ってました。

ネット注文できるのに代官山の店舗に、わざわざ買いに行っていたくらいです(笑)

一例が長くなってしまいましたが、トレーニング周辺の情報というものはアップデートされ続けてますので、一昔前とすぐ変わってしまいます。

僕のブログ記事では、最新のトレーニング方法を詳細に教えたり、これをやれば完璧!ということを展開していくつもりはありません。

時短でかつ、普段の生活の中にいかに取り入れていくかをテーマにしています。

つまり『ライフフィットネス』です。

もし、ご覧いただいているあなたが、常に最新の研究やトレーニング方法やボディメイク、ダイエットについて知りたいというのであれば、僕は山本義徳さんのTwitterや発表を基軸にするのが最善策と考えます。

実践者であり研究者でありトレーナーであり、今、日本ではかなり信用できる情報源をアップデートし続けていますので間違いがないです。

僕は4年以上前に、生活において主として筋トレに時間を割くのを辞めました。

読書もしたい、映画もみたい、家族との会話も楽しみたい、散歩もしたい、睡眠もしっかりとりたい。(他にもたくさん…)

何かを行うには何かを捨てなければなりません。

従って、筋トレに多くの時間を割くことを辞めたわけです

最初は日割りして○曜日と○曜日は筋トレする日にしようと考えてやりだしたこともありました。

しかし、それよりも、いかに生活のなかに運動習慣を組み込んでいくか、なんなら隙間時間に身体を動かすという習慣をつけて体型維持に関わるトレーニングを賄ってしまおうと考えるようになったわけです。

(将来的には結局日割りシフトするかもしれませんが。)

そして今のところ継続できているのが会社から家に帰ってきて着替えの途中で行う、という非常に横着な方法です。

笑っていただいても結構です(笑)

時間にして5~10分程度です。

最低限必要なのは、懸垂とディップスができる懸垂台です。

これを部屋に置いてます(ドーン)

これ1台あればまずは自重でそれなりの負荷をかけられます。

やらないより、短時間でもやる、という考え方です。

スポンサーリンク

懸垂での使い方

【筋トレ】懸垂

ディップスでの使い方

【筋トレ】ディップス

しっかり時間を取ってトレーニングしようと決めている人にはオススメしません。そもそもの入口が異なるからです。時間をしっかり割いてトレーニングをしたい方は前述の通りきちんと正しい情報を入手することしながら実践してください。

僕は自分が良いと思ったものはオススメしますが、これやれば絶対痩せる!、とか、筋肉がつく!、なんてことは言いません。

短い時間でも、それなりのことを継続したい!という方は当ブログとコンセプトが合いますので、是非ブックマークしてくださいませ。

懸垂とディップスが行える懸垂台のリンク貼っておきます↓コスパはかなり良いですね!

では、今後ともよろしくおねがいします🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました