在宅ワークがそろそろ1年なので自宅設備を振り返ってみた。推しのアイテム紹介します。

徒然なるままに

在宅ワークを中心とした働き方も、もうすぐ1年。

こんにちは、マルチタスク専門家のくらゆーです。

仕事(と一部趣味)を進めていくうえでいろいろ実際に買い足した在宅用の推しアイテムや持ち合わせで工夫してやっていることなどをこの記事では紹介したいと思います。

「在宅ワーク」「在宅ワーク」と国が進めて企業が推奨し始めても実際問題、自宅の仕事環境を整えるための機材等の補助や負担金が出ない出せない会社も多いと思います。(光熱費もバカにならないですが。)

僕も自腹を切っているので、潤沢には環境を整えられはしないのですが、同じような立場の方にとって少しでも僕の記事が役にたっていただければと思います。

見出し記号説明

○→既に持っていたもの

●→在宅ワークになってから購入したもの

★→今現在持ってないが将来的に欲しいなぁと思っているもの

スポンサーリンク

○古いテレビ

↑左側のモニターがテレビです。

いきなりモニター買いたすのもお金とスペース的にためらったのと、ちょうど使ってないTVがあったので応急的にデュアルモニターとして使うことにしました。

HDMIで接続してます。

○タブレット

これもありものを応急的にという感じです。

タブレットということもありワイヤレス画面としてHDMIなどのコードなしで認識させられますので拡張画面として活用することもあります。

簡単に持ち運びできるので会社や外で配信するのにモニターとして使ってます。

★狙っているディスプレイ

↑こんな感じのカッチョいいモニターを将来的にほしい!

よく家で仕事しているイケてる人が買ってそうなモニターのイメージですが、

僕は常にマルチタスクのため、色々と同時にファイルを出しっぱなしで広げておきたいのです。

あぁ~欲しいな~

●Webカメラ

以前ブログでも書いたのですが、結構使い勝手良くてかなりイケてます。

自宅でオンライン通話やプレゼン収録などに使うのには充分過ぎるスペックで値段もとても安いです。

強いて言うなら今後収録用には60fps(ヌルヌルと滑らかに動く動画(※TVが30fps))で撮りたいという欲が出てきはじめているので、気が向いたら探すかもしれません。

まぁずいぶん贅沢な欲ですがね。

○ヘッドホン

これも元々使っていたやつをそのまま使ってます。大き過ぎず装着感がうるさくならないので愛用してますが、そろそろワイヤレスがいいなぁと思いはじめてます。

●コンデンサーマイク

マイクの性能としては、ナレーションや歌の収録など少しでも周囲の音が入ってほしくない用途として使う場合には不向きかもしれません、意外と周囲の音も拾います。

でも在宅ワークレベルであればそれほど気にならないです。

(うちでは子供が泣いたり叫んだりしているとさすがにマイクに入るようで「今子供の声聞こえた!」とか言われたりしますが笑)

マイク自体の性能はその程度なんですが、取り付けてみるとアームの稼働範囲が思っていた以上に広く、机に付けてしまいさえすればある程度は調整が効きかせられるので部屋の模様替えで配置とか変えたとしても設置が楽なんだろうなぁと思います。

あと、ドライバーなしのUSB接続です。

在宅ワークし始める人が試しに1台目買おうか~という程度で検討するなら充分過ぎる機能を発揮します。

★ワイヤレスヘッドセット

↑ヘッドホンとマイクで仕事は事足りるのですが、遊び用にワイヤレスヘッドセットも欲しいなと欲が沸いております笑。

例えば、オンライン通話中に飲み物欲しくなって席はずしたくなった事ってないですか?

コードがあるとどうしてもその間、話を聞かない時間が生じてしまいますが、ワイヤレスなら話は聴きながら席立てるなと…。

冷蔵庫に飲み物取りに行ったり…。トイレに行ったり…(絶対自分はミュートにしとかないと事故りそうだが笑)

これ、ロジクールのやつでも15m離れても通信できるっぽくて…羨ましい。

●プレゼン画面送り用リモコン

これはプレゼンをする人にとっては超が付くほどオススメです!僕自身多用しています。

身振り手振りが多くなるといちいちキーボード打ってられなくなるのと、プレゼンテーションを起動させているPCが少し離れた所にある場合はこれ必須。

しかもプレゼン中の画面のブラックアウトも操作できるのでこれはかなりいいぞ!

オンラインプレゼンでも必ず重宝する商品です。

僕自身は先輩がこれ使ってプレゼンしている本番中に「これ、すぐ欲しいな~」と思ってその場でAmazonでポチっと購入したくらいです笑

●キャプチャボード

これがあればビデオカメラやデジカメで映し出している映像(画面)をWebカメラのようにPC内に取り込むことができます。配信によってはビデオカメラを使うこともあるので配信を考慮しているかたは一個持ってると安心します。

●ラップトップPC

個人用PCで買いたてホヤホヤ。BTOショップのドスパラで要望のスペックに合わせて作ってもらいました。

メモリは16MB、ストレージはSSD(M.2)は1TBにしてもらい、Officeも当然の如く付けてもらいましたので趣味でも仕事ガンガン進めていこうと思います!

かなり高い買い物でしたが、その分しっかり活躍させますよ!

●ワイヤレスマウス

上のパソコンに合わせて購入しました。ワイヤレスで1000円程度で、と思っていたところこちらの商品に遭遇。

軽くてプラスチック感満載ですが、カラフルに光ったりと面白い演出をしてくれます。

あと何気に嬉しかったのは、「USBタイプA(3.0)→タイプC変換」の治具が付属だったこと。

●ダミーモニター

これは仮想のモニターとしてPCに検知してくれるような治具です。

PowerPointのプレゼンテーション画面×OBSを組み合わせるなど、直接画面をモニターで確認する必要はなくとも配信画面を作り出すのに必要、という時に超便利。

2Kの解像度で認識し滑らかな動きを再現してくれるので、これから先ものすごく使い勝手の高さが期待できます。

●USBポート

Webカメラ、マイク、(場合によってはキーボードなど)を異なるPCで使いたい時…僕自身を例にするとWebカメラやマイクを仕事用のPCでも個人のPCでも両方で使いたいときにこういうポートがあると便利さを感じます。

ポート自体にたくさんコードを付けて置けばそのポートさえ差し替えれば一個一個差し替えなくて済むからです。

★狙っているドッキングステーション

↑ドッキングステーションは多種多様でほんと色々あるのですが、僕が欲しいのは、HDMI出力が2口あり、トリプルディスプレイが出きること。

さらに値段も1万円切っているので、貯めて買いたいです。

●ステッパー

これは引っ越す前の家ではパソコンの足元に設置して立ちながら仕事していたので常時使用していたのですが、引っ越し後モニター越しのオンライン通話が増えたこともあり常時乗るわけにはいかなくなりました笑。

そのため少し位置を変えましたがそれでも仕事スペースに置いているので血行促進のためにすぐに使えるようにしています。

以上でこの記事での紹介は終わりです。

これからも環境や働き方が変わって行くとは思いますが、その時その時で最高なパフォーマンスが発揮出きるよう頑張ります!

僕自身は在宅になって仕事の量も質も相当上がりました。

とはいえ何でも「やりすぎ」は禁物なので、身体壊さないようにほどほどに留めておこうと心がけます。(自分でブレーキ踏めないのが欠点なんですが。)

最後になりますが、在宅ワークが普及してさらに需要が伸びてきたオンラインでのプレゼン、資料作りのノウハウなどをSNSを通じてアウトプットしております。

もし少しでもご興味ありましたらお立ち寄りください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました