カラスの親指/道尾秀介

小説
『カラスの親指』道尾秀介
講談社文庫
スポンサーリンク

あらすじ

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。

ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。

やがて同居人は増え、5人と1匹に。

「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?

息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。

「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

(BOOKデータベースより引用)

感想

僕が道尾秀介氏の作品を手に取ったのは2作目。ちなみに初めて読んだのは「ラットマン」です。

この「カラスの親指」、本作中にほんのちょっとしたミスリードは何回か起きるのですが、この物語が果たしてどういう方向(結末)に向けて進んでいくのか全然想像ができなかったです。

想像できなかったいうよりもあらゆるパターンの結末が考えられそうで、でもそれが見えてきそうで見えてこない……というもどかしさ、これがたまらなく良かった!

テーマが「詐欺」なので徹底的なバッドエンドなのか、イヤミス(イヤな余韻が胸に若干残るミステリー)なのか、はたまたハッピーな形を迎えるのか…

そのどういう結末になっても面白いなというワクワクは最後の最後まで残してくれた作品です。

主人公「武井」にスポットライトが当てられた状態で物語が進んでいきますが僕たち読者は最後にきれいに騙されます。

そして騙されてからきちんと回収されます。

騙されたのに爽やかな気持ちになります。

爽やかな気持ちになるというのは、ここでは回収されてモヤモヤがスッキリするというのではなく、これまでの話が一連のドラマになっているようにじんわり見えだしてきて爽やかな光景として受け入れられるなるということです。

まあ、これ以上感想を言おうとするとネタバレになるので続きは是非手にとって読んでください!

最後に、最も印象に残った台詞です。

「あのですね、理想的な詐欺はですね、相手が騙されたことに気づかない詐欺なんですよ。それが完璧な詐欺なんです。でも、それと同じことがマジックにも言えるかというと、これが違う。まったく反対なのです。マジックでは、相手に騙されたことを自覚できなければ意味がないのですよ」

貫太郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました