慟哭/貫井徳郎

小説
「慟哭」貫井徳郎
東京創元社
「慟哭」貫井徳郎
スポンサーリンク

あらすじ

連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけて懊悩する。

異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内に不協和音が漂う一方、マスコミは彼の私生活に関心をよせる。

こうした緊張下で事態は新しい方向へ!幼女殺人や怪しげな宗教の生態、現代の家族を題材に、人間の内奥の痛切な叫びを、鮮やかな構成と筆力で描破した本格長編。

(BOOKデータベースより)

感想

久しぶりに、お~来たな~ってやや震えました。

もちろん、フィクションです。登場人物やら場面設定やらになんだかありそうな出来事のように感じてしまいましたね。

あとがきを読んでも「フィクションですしモデルもないです」とコメントされていただけあって、確かに一瞬戸惑ってしまいそうなくらい人物の内面が巧妙に描かれていたと感じました。

実際を知りもしないのにリアルでしかないような感覚に陥るでしょう…捜査一課長の心が荒んでいく様や、方やサイドストーリーでは、ある男の何気ない興味が犯罪に手を染めていくまでの心理がまざまざと表現されます。

どちらの話もそのすぐ先が気になり読んでいくのが加速することでしょう。

最後に待つ結末まで楽しんでほしい作品です。

やや震えた、というのは、この作品に不満はないのですがもっともっと震えるようなどんでん返しの作品が読みたいのです。

最後に最も印象に残ったシーンです。

目に見えない因果の糸が、確かに存在するのを肌で感じた。

松本

コメント

タイトルとURLをコピーしました